いらっしゃいませ♪ *TOP MENU*



★クレープでつくれるスイーツ
アイスクレープ
カスタードクレープのオレンジソース和え
スクエアクレープのコンポート添え
クレープのカスタード包みイチゴ風
クレープのトライフル
春イチゴのクレープシュゼット

★クレープの折りかた包みかた
イチゴクレープさんかく風
ピンククレープのロール風
黒ごまクレープの手巻き風

★クレープに合う具
まとめ
 ┣リンゴのコンポート
 ┣イチゴでつくるバリエーション
 ┣バナナでつくるバリエーション
 ┗ブルーベリーでつくるバリエーション

★クレープに合うソース
生クリーム
カスタード
オレンジソース
フランス帰りの友人が勧めてくれたもの

クレープの生地の作り方
★クレープで使う道具
まとめ
 ┣レードル
 ┣泡だて器
 ┣トンボ
 ┣クレープパン
 ┗パレットナイフ

★クレープパーティーの流れ
事前の準備1(会場や食器類)
事前の準備2(告知や道具類)
前日~当日の準備
当日の進行

★クレープ小話
クレープ発祥の地、ブルターニュ
クレープの種類
クレープの歴史

★クレープに関する本
『クレープとガレットのとっておきレシピ』
『ぜーんぶかんたん おかし作ろうよ!』
『一番親切なお菓子の教科書』

クレープのリンク集
ゲストブック
管理人のごあいさつ

⇒ いま何位? 《お菓子・デザートブログ》

 

 
 
 
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-16(Thu)

クレープの生地にちょうどいいレードルとは?

クレープをフライパンや鉄板で焼くときに、なくてはならないもの。
それがレードルです。

レードルというとなにやら新しい道具に見えますけれども、
なんのことはない、↓こういうものです。



⇒ これがレードルです。




前置きはさておき。
では、どのタイプ、どのサイズがよいのか、という話になります。

結論から言ってしまうと、おすすめは

『70cc・横口タイプ』

です。

レードルを選ぶときの、ポイントを挙げておきます。




■70ccだと、生地を一回すくった量が1枚分のサイズにちょうどいい。

 サイズが大きすぎると、焼き上がりが厚ぼったくなったり、
 すぐに生地がなくなってしまいます。

 ちなみに業務用の鉄板、35cm以上のサイズをお使いでしたら、
 90cc以上をおすすめします。


■横口だと、注ぎやすい。しかも切れがいい。

 クレープの生地はどろっとした液状ですので、
 すくった全てがフライパンに流れこむわけではありません。必ずレードルに残ります。

 切れがわるいと、レードルを戻すタイミングが遅れる、
 つまりクレープを広げるタイミングが遅くなり、コゲたり広がらず大きさが不十分になります。
 そして垂れて周りが汚れます。だから、切れがいい方がおすすめです。

 クレープ屋さんで見たことがあるような、ひしゃく型のレードルもあるのですけれども、
 家で作る場合は生地を大量に用意するわけではないので、
 残り少なくなっても生地がすくいやすい方がよいと思います。



レードル集合
『種類はいっぱいあるけれど・・・』




ちなみに、70ccなどのサイズに関しては、
メーカーによってはレードルに刻印がしてあります。

レードル2

分からなければ「横口レードルで70ccのサイズをください」と、
お店の方に聞いてもよいと思います。






お気づきだと思いますけれども、
穴空きタイプ・・・だと生地がこぼれちゃいますね。

クレープを作るみなさまは、普通のタイプをお使い下さいませ。






⇒いま何位? 《お菓子・デザートブログ》


春苺のクレープシュゼット←クレープ好きならクリッククリック♪
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

PR
PR
プロフィール

CrepeLover

Author:CrepeLover
クレープ大好きっ子です♪
ホームパーティーまでしちゃいます。

最新コメント
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。